LinuC

LinuCレベル1を最短で合格するための勉強方法や難易度を解説!

こんにちは、インフラエンジニアのれおです。

この記事で分かること
  • LinuCレベル1の勉強方法についてわかる
  • LinuCおすすめの学習教材がわかる
  • LinuCの難易度がわかる

このような悩みを解決していきます。

この記事を読むことでLinuCの効率的な勉強方法が分かります。

私は、LinuCレベル1に3ヶ月で合格しました。

その経験をもとに、再度もう一度未経験から受験するのであれば、このように勉強するという視点で解説しています。

私が、試験のために実際に行った勉強方法は、『【合格体験記】LinuCレベル1に合格した勉強方法』で解説しているので参考にして下さい。

【合格体験記】LinuCレベル1に合格した勉強方法 こんにちは、インフラエンジニアのれおです。 この記事では LinuCレベル1を効率良く勉強する方法がわかる 使用した学習...

LinuCとは?

LinuCとは、Linuxの認定試験を実施しているNPO法人、LPI-Japanが独自に作ったテストです。

正式名称を「Linux技術者認定試験 LinuC」(英名:Linux Professional Certification、読み:リナック)といいます。

LinuCは、Linuxの技術力を証明するために有効IT資格です。

LinuCの試験概要

  • 試験の問題数は約60問(記述問題あり)
  • 試験時間は90分
  • 試験会場は、全国のテストセンターもしくは自宅や職場からのオンライン受験
  • 800点中、480点以上で合格
  • 有効期限は5年間

レベル1を受験した感想としては、試験時間が足りず焦ることはないと思います。

また、1度解いた問題でも戻ることができるので見直しもできます。

試験時間に余裕があるので、しっかり見直しをしましょう。

試験中に自信のない問題は、チェックをつけておくと見直ししやすいです。

LinuCの合格率

LinuCの合格率は公表されていません。

ただ、合格点の目安としては、65〜75%程度の正解率で合格になると公式に発表されています。

受験料と申し込み方法

LinuCの受験料は、全てのレベル共通で1試験あたり16,500円(税込)です。

1試験16,500円なので、LinuCレベル1だと101試験と102試験に合格する必要があります。

そのためかかる費用としては、33,000円(税込)なので注意が必要です。

LinuCの申し込み方法は、『LinuCの申し込み方法・試験日・受験料を画像付きで解説』を参考にしてください。

LinuCの申し込み方法・試験日・受験料を画像付きで解説「LinuCの申し込み方法や受験料について知りたい」「試験会場や試験日について知りたい」このような悩みを解決していきます。申し込み方法を画像付きで解説しているので誰でも簡単に申し込みを行うことができます。...

LinuCの過去問

LinuCの過去問は公開されていません。

しかし、LPI-Japanが公式例題を公開しているので、その問題をやってみるのもと良いと思います。

例題と解説 – Linux技術者認定 LinuC | LPI-Japan

また、LinuCの標準的な問題としては、『LinuCレベル1-101確認問題20選!実力試しに解いてみてください』が参考になります。

LinuCレベル1-101確認問題20選!実力試しに解いてみてください今回は、LinuCレベル1-101の確認問題を用意したので、現在の習熟度を確認するために使って頂けたらなと思います。 私自身、LinuCレベル1-101を受験した経験から重要な問題だけを厳選しました。 LinuCの過去問は非公開となっています。そのため、参考書などの模擬試験をやり終えた方は、実力試しに解いてみてください。...

LinuCを取得するメリット

LinuCを取得するメリットは下記なります。

  1. Linuxに関する知識が得られる
  2. Dockerやクラウドなどの流行の技術が学習できる
  3. 転職や就職に有利に働く
  4. 会社にアピールでき、昇給や昇格に繋がる

これからインフラエンジニアを目指そうと考えている方にとって、間違いなく有利に働く資格でしょう。

私は、LinuCを取得することで会社の上司からも認められ、資格手当も頂きました。

Linux認定試験は、IT業界でもかなり有名な資格であるため、資格を取得するメリットは大きいと感じました。

Linux認定試験のメリット、LPICとの比較などは、『【2023年】LinuCメリット|LinuCとLPICどちらを取得するべき?現役エンジニアが解説!』が参考になります。

LinuCメリット|LinuCとLPICどちらを取得するべき?現役エンジニアが解説!Linux技術者認定を取得を検討されている方に向けて、Linux技術者認定のメリットやLinuCとLPICどちらを取得すべきか解説していきます。 私は、検討した結果LinuCを取得したのでその理由と、現役のエンジニアという視点でも解説させて頂きます。...

LinuCレベル1の難易度を解説!独学でも可能?

未経験からでも正しい学習方法をすると、必ず合格できます。

標準的なLinuCの勉強期間は下記になります。

資格勉強期間
LinuCレベル11~3ヶ月
LinuCレベル23~6ヶ月
LinuCレベル31年
基本情報処理試験2〜3ヶ月
CCNA3〜6ヶ月

他のIT資格と比較するとこのようになります。

私の体感ですが、

AWS SAP>CCNA>AWS SAA>>LinuCレベル1>AWS CLF

といった感覚でした。

※受けた順番にもよると思います。

この辺りの、インフラエンジニアが取得すべき資格については、『インフラエンジニア資格の取得順番とおすすめ資格4選』が参考になります。

インフラエンジニア資格の取得順番とおすすめ資格4選インフラエンジニア資格の取得順番とおすすめ資格4選について解説しました。インフラエンジニアを目指している人、実務経験の浅い人は参考にして頂ければと思います。...

【最短合格】LinuCレベル1の勉強方法

効率の良い勉強方法
  1. 『あずき本』をLinux環境で動作しながら、一通りの内容を理解する
  2. 『スピードマスター問題集』で問題を解く

LinuCレベル1に合格するためには、コマンドやファイル名などが出題されるため『暗記』が重要です。

暗記するためにも、実機を利用して手を動かして学習する方法をおすすめします。

試験に合格することが目的でなはなく、実務で活かすことを目的にしましょう。

Linuxの環境に触れながら学習することで、イメージも掴みやすいと思います。

LinuCのおすすめの参考書については、『【2022年】LinuCおすすめの参考書3選を現役インフラエンジニアが解説!』で解説していので参考にして下さい。

【最新】LinuCおすすめの参考書3選を現役インフラエンジニアが解説!LinuCおすすめの参考書を現役インフラエンジニアが紹介します。私は、LinuCレベル1試験に独学で合格しました。その経験をもとに、参考書を紹介していきます。...

『あずき本』をLinux環境で動作しながら、一通りの内容を理解する

まずは、この『Linux教科書 LinuCレベル1 Version 10.0対応 』(通称:あずき本)で一通り内容の理解と、Linux環境で動作を確認しながら学習を進めましょう。

試験を実施している『LPI-Japan』が公式に認定している教材で、解説の分かりやすさや問題の質も信頼できます。

created by Rinker
¥4,180 (2024/04/22 06:49:50時点 楽天市場調べ-詳細)

私自身も使用しましたが、各章ごとに章末問題と模擬試験があったので、かなり助かりました。

Linuxの環境を構築する方法としては、Dockerを利用することがおすすめです。

Dockerは、LinuCの試験範囲でもあり、初心者でも簡単に仮想環境を構築することができます。

DockerでLinux環境を構築したい方は『【初心者向け】DockerでUbuntuを環境構築する方法』が参考になります。

【初心者向け】DockerでUbuntuを環境構築する方法今回は、初心者向けにDockerでUbuntuを構築する方法を解説していきます。 Dockerの概念を理解することは、プログラマやインフラエンジニアに関わらずエンジニアとして必要な知識になっています。 初心者向けにDockerでUbuntu環境を構築したいという方はぜひ参考にして下さい。...

また、『あずき本』は中級者向けの参考書にはなるので、不安な方は『1週間でLPICの基礎が学べる本 第3版』から学習するのも良いと思います。

created by Rinker
¥2,376 (2024/04/22 14:16:53時点 Amazon調べ-詳細)

『スピードマスター問題集』で問題を解く

問題集に関しては、『Linux教科書 LinuC レベル1 スピードマスター問題集 Version10.0対応』がおすすめです。

「あずき本」に続きこちらも、「LPI-Japan」認定問題集になります。

LPI-Japanの厳正な審査に合格した問題集ということもあり、本当に質の高い問題ばかりでした。

問題集を2〜3周は行い、8割以上の正答率を目指しましょう。

アウトプット中心の学習方法がおすすめ

覚えることが多い、Linuレベル1ではアプトプット中心で学習することおすすめです。

インプットよりもアウトプットを行う方が、記憶に定着しやすいのは科学的にも証明されています。

そのため、実機や問題集を利用し、アウトプット量を増やしましょう。

まとめ

今回は、LinuCレベル1の最適な学習方法について紹介しました。

最適な勉強方法は下記になります。

  1. 『あずき本』をLinux環境で動作しながら、一通りの内容を理解する
  2. 『スピードマスター問題集』で問題を解く

LinuCは未経験でも独学で合格できる資格なので、今回紹介した学習方法を参考にしてみてください。